賢明なる(バリュー×グロース×フォーカス)株式中長期複利資産運用 > 寄付のページ

2015.01.06 Last Update!


━ 寄付・募金のページ ━

1兆円の子ども基金を設立することを目標に投資活動をしています。

まだまだ微力ですが、「子どもたちの医療・教育・食」に関係するところに、少しずつ寄付・募金をしていきたいと思います。一気に寄付・募金したい気持ちですが、そうすると複利で増えていく基金の原資がなくなってしまうので、時間をかけて寄付額を少しずつ増やしていきたいと思います。

ところで、藤野英人さんの『投資家が「お金」よりも大切にしていること』と言う本によると

年間寄付額比較
規模 1人あたり 年間家計収入に占める割合
米国 34兆円 130,000円 米国人寄付額は年間家計収入の3%
年収2万5000ドル以下 →年収の4.2%寄付
年収7万5000ドル以上 →年収の2.7%寄付
英国 3兆円 40,000円
日本 7000億 2,500円 日本人寄付額は年間家計収入の0.08%

日本はまだまだ寄付文化が根づいてないんだなと思います。日本にも寄付文化が根付けばいいなと言う思いからこのページを作ってみました。

ビルゲイツ氏とウォーレン・バフェット氏が2010年に中国で慈善夕食会を開いた時に、募金を呼びかけたそうですが、中国人からの寄付するとの申し出は殆どなかったそうです。記事では

「中国には欧米のような“寄付文化”が根付いておらず、出席者からは資産の一部を寄付するとの申し出はほとんどなかった」

「中国で慈善活動が根付かない原因の1つには、中国人がすべての慈善行為に対して疑念を抱いていることが挙げられる。“自分にメリットが無いことに対して、どうしてそんなに熱心になれるのか?”との疑念である。」

と書かれていました。日本も実は同じような状態なのかもしれません。寄付とは助け合いの精神ですから、時間をかけてでも日本にも寄付文化が根付けばいいなと思っています。

まだまだ知らない寄付先も多いので、ツイッターで教えてください。


日付 寄付先
2015年
7−12月期

2015年
1−6月期
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
プラン・ジャパン
途上国の子どもたちとともに地域開発を進める国際NGO
小児がん治療開発サポート・Clinical Discovery Alliance

2014年
7−12月期
◯◯◯くんを守る会
◯◯◯◯ちゃんを救う会
募金箱等複数
◯◯◯◯ちゃんを救う会
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
ユニセフ親善大使 黒柳徹子
◯◯◯ちゃんを救う会

2014年
1−6月期
募金箱等複数

2013年
7−12月期
募金箱等複数

2013年
1−6月期
募金箱等複数

2012年
7−12月期
募金箱等複数

2012年
1−6月期
募金箱等複数

2011年
7−12月期
募金箱等複数

2011年
1−6月期
東日本大震災義援金
募金箱等複数

2011年以前 ◯◯ちゃんを救う会
募金箱等複数


━ 主な寄付先 ━

順次追加していきます
まだまだ知らない寄付先も多いので、ツイッターで教えてください。


寄付先 内容・メモ 備考
ユニセフ親善大使 黒柳徹子 黒柳徹子さんがユニセフへ全額寄付

■みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使 黒柳徹子

■郵便局
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使 黒柳徹子

ユニセフ(http://www.unicef.org/)
日本ユニセフ協会の方に寄付すると、80%がユニセフに送られるそうです。

黒柳徹子さんに送金すると、100%ユニセフに送られるそうです。
セーブ・ザ・チルドレン
■子ども支援専門の国際組織。30の独立したパートナーが約120カ国で活動を展開
■教育、保健・栄養、緊急・人道支援

事業計画・事業報告書
具体例
1,500円で、30人のお母さんに破傷風ワクチンを提供できます。
2,000円で、2組の母子に新生児ケアと産後カウンセリングを行えます。
3,000円で、4人の子どもに肺炎治療と抗生物質を供与できます。
5,000円で、1人の栄養不良児に7週間分の食事パックを配布できます。
10,000円で、5,000人の子どもの経口補水液を提供できます。
NPO日本移植支援協会 ■心臓移植などの臓器移植を待つ子どもたちを支援する団体


レシピエントリンク
※レシピエント(臓器の移植術を希望する人、また移植術により臓器提供を受けた人のこと)
国連UNHCR協会−japan for unhcr− 国連の難民援助活動
国境なき医師団 ■国境なき医師団(Medecins Sans Frontieres=MSF)は、 中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足。
■寄付額の66.2%が援助活動費に使われているようです。
具体例
3000円⇒基礎医療セット120人分
毎月1500円⇒毎月63人に清潔な水
5000円⇒抗マラリア治療12人
毎月3000円⇒毎月120人にはしかの予防注射
10000円⇒300食の栄養治療食
30000円抗レトロウィルス薬5人
日本赤十字社 ■赤十字は、アンリー・デュナン(スイス人:第一回ノーベル平和賞受賞者)が提唱した「人の命を尊重し、苦しみの中にいる者は、敵味方の区別なく救う」ことを目的とし、世界189の国と地域に広がる赤十字社・赤新月社のネットワークを生かして活動する組織。
NPO法人 小児がん治療開発サポート SUCCESS ■若い世代のがんに関して、患者さんとご家族の支援、新しい診断・治療方法の開発などを展開する目的で設立
■管理費は16〜17%の模様
■こどもすこやかプロジェクト(患者支援事業)、医学研究支援(治療開発支援事業)、アドボカシー&アドヒアランス(啓発事業)等に使われます
プラン・ジャパン ■1937年設立
■途上国の子どもたちとともに地域開発を進める国際NGO
■世界69カ国で活動を展開する、国連に公認・登録された国際NGO


■プランが取り組む8つの分野
 「教育/保健/性と生殖に関する健康と権利/水と衛生/家計の安定/子供の参加/子供の保護/緊急支援」
年次報告書
inserted by FC2 system